hiv 検査


hiv 検査

日本国内でエイズが爆発的に蔓延してるとされてます。
蔓延してるにもかかわらず、エイズへの関心が薄れつつあります。

厚生労働省が発行した厚生労働白書によれば、
エイズウィルス感染者は年々増加傾向にあります。

エイズウィルス感染者、エイズ患者ともに過去最高の人数に達しています。
こうした状況は、日本のエイズ対策が十分ではないことが考えられます。

エイズとは後天性免疫不全症候群のことで、現在最も恐れられてる性感染症です。
発症すると免疫機能が働かなくなり、細菌、真菌、原虫、ウィルスなどに対して抵抗力がなくなり健常な時には発症し得ない症状が次々と発症します。

潜伏期間はひじょうに長く数年から数十年に及びます。

発病前の状態はHIV感染と呼ばれ日常生活に支障はありません。
そのため感染に気付かず性行為により感染を広げます。
得に性感染症にかかった状態での性行為は感染の危機を高めます。
かつてエイズは同性愛者や薬物使用時の注射器の回し打ちなどで感染を広めましたが、現在は性行為による感染の方が多いとされます。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


症状
HIVに感染して2週間ほど過ぎると、発熱や喉の腫れなど風邪に似た症状があらわれます。
しばらくするとこれらの症状はなくなります。
それ以来、エイズを発病するまで自覚症状はありません。

女性の感染者では膣の潰瘍やカンジタ膣炎が治りにくくなるとされます。

発病後の症状は、それぞれの感染症の症状が出ます。
免疫機能が極度に低下するために抵抗力が無くなり次々と感染症を引き起こします。

代表的なものに、カリニ肺炎、カンジタ症、結核症などがあります。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


検査

検査の方法は血液検査による判定が主流です。
検査の際の個人情報は保護される仕組みになっています。

感染してから3か月間は陽性反応が出ないので注意する必要があります。
採血された血液がHIVに汚染されていたにもかかわらず
感染から3ヵ月過ぎていなかったため検査で陽性反応が出ず、
輸血により感染がおこったケースが過去にあるとされます。

治療
現時点ではエイズを根治する治療法は開発されていません。
このHIV感染に自然治癒はありません。

HIV感染の段階でエイズの発病を抑える優れた薬が開発されたので
医療機関で適切な処置を受けた場合はエイズの発病を抑えることが可能であるとされます。

長期にわたる慢性疾患としての対策が必要ですが、HIV感染症の段階では社会生活や家庭生活には支障はありません。

ただし感染経路として性行為の管理は非常に大切です。
HIV感染症の対策としてコンドームの使用は予防効果は非常に高いとされています。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓