性病 女性


性病 女性
性感染症は子宮頸がんとも深い関係があります。
子宮頸がんの大半は性行為によって感染するヒトパピローマ・ウィルスが原因となることが明らかになりました、

性行為の相手が増えるとヒトパピローマ・ウィルスに感染する危険が高まり、子宮頸がんになる確率も上昇します。

つまり、性交渉の若年化や性交渉の相手が増えるほど危険は高まります。
初交年齢が16歳よりも若い人は、子宮頸がんの確率が16倍にもなります。

性行為を始める年齢が若いと比例してパートナーの数も増加し
パートナーの中にヒトパピローマ・ウィルスを持っていれば感染します。

症状が出るとは限らないので、感染に気付かないまま性行為を続け
感染を拡大させる可能性があります。

↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


基本的な検査セットはこちら↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓