性病検査 自宅キッド申し込み方法


性病検査 性感染症の種類と自宅検査キット

性病検査は病院に行って検査をして
また検査結果を聞きに行かなければなりません。

近所だと知り合いに合うかもしれない
職場の近くも誰かに会ったら・・・などと考えると
ちょっと離れた病院に最低でも2回は行かなければなりません。

性病検査が自宅でできる

個人のプライバシーを守ることがこれだけ重要視されている中で
性病検査の病院内は情報が聞こえ放題、漏れ放題の場合もあります。

なかには受付で
『なんのためにいらっしゃいましたか?』
などと聞かれて
『性病の・・・』と答えなければならないところもあります。

待合室に響いてしまいますよね。

検査機関は病院と同じ

現在では、国が性病検査に真剣に取り組むようになり
自宅の検査キットも積極的に推奨しています。

そして自宅の性病検査のキットも
病院の検査機関と同じところで検査されます。

ですから病院で検査をしても
自宅で自分で検査をしても
結果は同じです。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


性感染症は、治療をしなければ自然に治ることはありません。
性感染症には治療が容易なものから難しいものまでありますが、
感染しないように予防することが大切です。

女性の性病検査

男性と女性では同じ性病でも症状や弊害、そして治療法も変わってきます。

淋病は男女ともに減少しましたが1995年より増加傾向にあるとされます。
クラミジア感染症は、年々増加傾向にあり、特に女性の増加が目立っているとされます。

性器ヘルペス感染症、梅毒、尖圭コンジローマは特に女性は増加しています。
しかも女性は男性より症状が出にくい傾向もあります。

痒みやおりものが多いとか、不正出血の場合はかなり進行してるケースもありますので
早めに検査をお勧めします。
↓ ↓女性の性病検査 今すぐクリック↓ ↓ ↓


症状が出ないエイズ

エイズは自覚症状が殆ど出ない性感染症です。
自覚症状が出るくらいになったころはかなり進行してる場合があります。
性感染症の検査をする場合は念のためにエイズの検査も同時に受ける人が増えてます。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓