性病 種類 HPV(ヒトパピローマウィルス)


性病 種類 HPV(ヒトパピローマウィルス)

どの検査をしたらいいかわからない場合は↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


日本人の子宮頸がん発症のピークは30代とされます。
性交渉の経験のある方は、誰でもかかる可能性があります。

予防方法は、ワクチンとがん検診です
ワクチンは有効である一方で、子宮頸がんの原因全てに対応できません。
細胞診の検査は、現状のがんの有無等を調べることができ、HPVの検査では将来的な子宮頸がんのリスクを調べることが可能です。

子宮頸がんは子宮の入り口付近の子宮頚部に発症し、
かなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。
発見が遅れると、命を落とすことが防げても子宮の摘出により妊娠や出産ができなくなる可能性があります。

この子宮頸がんの原因となるのが性交渉で感染するHPV(ヒトパピローマウィルス)です。

このHPV(ヒトパピローマウィルス)は皮膚や粘膜に感染するウィルスで、100種類以上のタイプがあります。
このうちの約15種類は子宮頸がんの原因となることが多いため、発がん性HPVと呼ばれています。

中でもHPV16型とHPV18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症してる20~30代の女性の約70~80%から見つかっています。

発がん性HPVは、多くは性交渉の時に感染します。

性器のまわりの皮膚や粘膜との密接な接触などによっても感染することがあるので、コンドームは感染を防ぐ有効な手段ではありますが、完全に防ぐことはできません。

どの検査をしたらいいかわからない場合は↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓



ヒトパピローマウィルス(HPV)にはハイリスク型とローリスク型があり、子宮頸がんを引き起こすのは発がん性HPVといわれるハイリスク型のみです。

現在市販されてるワクチンは、これら15種類の高リスクがたHPVのうち2湯類のHPVにしか予防効果がありません。

全世界で毎年3億人の女性から子宮頚部へのHPV感染がみつかると仮定した場合、そのうちの約0.15%が子宮頸がんを発症すると推測されています。

ただし、子宮頸がんになるまでには、通常数年~十数年と長い時間がかかるので、定期的な子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前の状態(前がん病変)を発見し、治療することが可能です。

通常、細胞がHPVに感染すると免疫の力でHPVは排除されますが感染が長期化すると細胞が変化して異型性という状態になります。

異型性の状態が長く続き細胞の変化の程度が強くなると、一部の人ではガンに進行します。

ガンが進むと、不正出血、血液の混じったおりもの、下腹部の痛みなどがおこります。

進行したがんは手術の範囲が広がったり、放射能治療や化学療法が必要になったりします。ガンになる前の段階の前ガン病変で発見すれば子宮を取らない手術で完治したり、その後は妊娠したり出産することもできるのです。

子宮頸がんはこの前がん病変で発見することが非常に大切なのです。