性感染症


性感染症

性感染症(性病)の種類
性感染症(STD)は、性行為を介して伝染する病気です。
この中には、エイズやB型肝炎のように性行為以外の原因(輸血など)で伝染する病気もあります。

また、梅毒など母子感染で伝染る病気もあります。
多い感染症としては、性器クラミジア感染症、トリコモナス膣炎、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスウィルス感染症、淋菌感染症、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、毛じらみ症などの性感染症があります。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


男女ともに感染しますが、女性の方がより感染しやすいという特徴があります。
病気によっては病気が慢性化するのもあります。

予防方法としては、オーラルセックスを含めた性行為をするときはコンドームを装着して粘膜接触を避けることが大切です。
また、性感染症が判明したらパートナーも感染してる可能性が高く
パートナーと共に医療機関で診察を受ける必要があります。

淋病は男女ともに減少しましたが1995年より増加傾向にあるとされてます。
クラミジア感染症は、年々増加傾向にあり、特に女性の増加が目立っているとされます。

性器ヘルペス感染症は、男女とも横ばい状態ですが女性は増加しています。
梅毒も減少傾向にありましたが最近増加に転じてるとされます。
尖圭コンジローマは、男女ともに若年層で増えているようです。

性感染症は性行為を介して、人から人へ病原性微生物が伝播する感染症の総称です。
現在ではエイズウィルスによる感染で引き起こされる後天性免疫不全ウィルスによる感染で引き起こされる後天性免疫不全ウィルスによる感染や性器クラミジア感染症など10種類以上簿病気が知られています。

性感染症の中でも、クラミジア感染症と淋菌感染症、そしてHIV感染症も年々増加傾向にあります。

↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓