クラミジア


クラミジア

予防の重要性
クラミジア感染症や淋菌感染症は進行しても生命を脅かすことはありませんが、
HIVは放置するとエイズを発症して声明を脅かします。
性感染症は身近な病気であり、誰でもかかる可能性があることを
自覚することが大切です。
体調がおかしくて心当たりがある場合は検査をしてパートナーや家族に伝染ることを防がなければなりません。
また、性行為ではコンドームをつけることで感染のリスクを低減できます。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓


性感染症が及ぼす影響
性感染症は、他の病気に進行しやすくなるので注意が必要です。
エイズにも感染しやすくなりますし、不妊症、性器ガン、以上妊娠、
雁感染、直腸感染、口腔感染などのリスクが高まります。

また、母子感染では
クラミジア  →結膜炎、肺炎
淋菌     →新生児膿漏眼
梅毒     →先天梅毒
カンジタ   →鵞口瘡
HIV    →HIVキャリア
ヘルペス感染症→新生児ヘルペス

などの母子感染のリスクが高まりますので注意が必要です。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓