クラミジア薬


クラミジア薬
最近では、クラミジアに有効な抗生物質が開発され1回の服用で済み、
10日間ほど性行為を控えれば治ります。

この薬以外では1~2週間は投薬を続ける必要があります。
ただ、症状が慢性化して欄干などが癒着してしまった場合は
治療期間が長くなるとされます。

治療には抗菌薬、とくにテトラサイクリン系薬、マクロライド系薬、
およびニューキノロン系薬が使用されます。

クラミジアは男女間でお互いに感染させるいわゆるピンポン感染があるため、
両者の治療を同時に行うことが重要です。

予防にはコンドームの使用、感染が疑われる相手との性的交渉を避けるなどです。
↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓