おりものが増える 不正出血がある


・おりものがある ・不正出血がある ・下腹部に痛みを感じたり性交時に痛みを感じる ・自覚症状を感じない

最近では喉クラミジアの検査を希望してる方も増加中です。
喉クラミジアの場合は症状が風邪に似ていて気がつかないことが多いです。
喉クラミジアの場合はキスでも移るので注意が必要です。

おりものがある 不正出血がある 下腹部の痛み、性交時の痛みは女性の場合クラミジア感染症の症状に多く挙げられます。
最も多い性感染症であるとされます。特に女性が感染する感染症の中で最も多い感染症と言われています。成人では性行為により感染しますが、新生児は母親からの産道感染もあります。

クラミジア感染症の場合自覚症状が乏しかったりほとんどなかったりして検査をしないことが多く 無自覚のうちに男性パートナーや出産児へ感染させることもあります。

男性 女性とも放置しておくと不妊症に発展するおそれがある性感染症です。

妊娠中は早産や流産の原因になったり新生児に感染すると結膜炎や肺炎を引き起こします。

症状が乏しいために、自覚症状がなく進行してしまうケースがとても多いので、不特定多数の性行為をしてる場合は定期的な検査をお勧めします。

どの検査をしたらいいかわからない場合は↓ ↓今すぐクリック↓ ↓ ↓